2018AW "A SPACE FOR AMBIGUOUS IMAGINATION"

「裸色」、「曖昧」,令人充滿想像的女性力量和魅力。
全系列以裸色的曖昧色調貫穿主題, 表現女人獨有的神秘魅力:隱隱約約、似有非有的遐想空間。
本季布花發想自 40 年代經典情色文學藝術家「John Willie」在「BiZARRE」期刊中充滿代表性的「束縛與捆綁」作品。布花的分佈,則巧妙地以 50 年代房間壁紙為手法,布花近看是捆綁的女人,遠看卻有如復古壁紙。搭配系列豐富的皮帶、頸帶等配件,一同呈現捆綁與性感的概念,強烈傳達女性獨有的吸引力。
系列的服裝結構則使用了Oversized及不對稱手法,搭配柔和的色調,「螺絲」的細節充滿其中。此外,帶有超現實概念的「融化機械工具」圖案也使用在系列單品上。Seivson 上季的「工業風格」也在本季傳達的更加強烈。各項單品相互搭配,完整呈現本季:似裡似外的窺視感、模糊的分界線,充滿想像空間的女性力量。
「ヌードカラー」、「曖昧さ」、それは人々の想像力を掻き立てる女性のパワーと魅力。全シリーズをヌードカラーという曖昧な色調でテーマを一貫させ、おぼろげで、有るか無きかの想像空間、女性特有のミステリアスな魅力を表現しました。今シーズンのテキスタイル・コンセプトは、40年代のクラシック・ボンデージアーティスト「John Willie(ジョン・ウィリー)」が「BiZARRE」の中で発表していた代表的な「ボンデージ」作品に由来しています。テキスタイルの分布は、50年代の部屋の壁紙を手法としており、近くで見ると縛られている女性に見え、遠くから見るとレトロな壁紙のように見えます。そこにベルトや首輪といったアクセサリーを合わせ、束縛とセクシーさを表現することで、女性特有の魅力を強烈に伝えています。衣服の構造にはオーバーサイズやアシンメトリー手法を使用し、柔らかい色調を合わせています。ディティールには「ねじ」モチーフがたくさん散りばめられており、その他、シュールな「溶けた機械工具」モチーフもシリーズアイテムに使われています。【Seivson】の前シーズンの「インダストリアルスタイル」は今シーズンでも更に強烈に表現されています。各種アイテムを組み合わせると、今シーズンのコンセプトである「見えそうで見えない覗き見感、曖昧な境界線、想像空間に満ちた女性のパワー」をより完璧に表現することができます。
“ Nude Colors” and “Ambiguity” sparkle our imagination of the power of women and their charm.In this season, “The Chained and Bound” is the source of pattern inspiration. There comes a representative work of a 40s classic erotic artist—John Willie, who published in BiZARRE.The distribution of pattern is stimulated as 50s bedroom wallpaper. The pattern seem to be a bound lady in near sight; yet, when seen farther, they look like a wall of dated papers.Go with numberless accessories such as belts and chocker in this series,also gives us a hint of bounding and erotism, and this strongly symbolizes the unique attraction of women.Structurally, the clothes are designed to be oversized and un-symmetric with the soft tones .The unique “screw” is also used in the series. Besides, incorporating with the melting mechanical tools from surrealism.The outfit deliberately shows us a strange feeling of peeping-in/ peeping-out: a blurred boundary, representing the power of women—to our full imagination.